どういうゲーム?

Ingress(イングレス)は、ポータルと呼ばれる目印を制圧して繋ぎ、陣地作成する世界的なゲームだ。
そのためには、まずポータルを現実で歩いて巡りアイテムを集めなければならない。


Ingressというゲームについて

■まず、どういうゲームなの?
実際の地図上(グーグルマップ)に当てはめた拡張現実(AR)ゲーム、それがIngressです。
簡単に言ってしまえば、多人数同時参加型リアル陣地取りゲームです。リアルなのでオリエンテーリングの要素があります。
また、陣取りは囲碁をイメージしてもらえると分かりやすいと思います。(誰の手番とかいうのはないですが。)
以後囲碁をたとえに上げていきます。

■陣地とは?
ポータルという物を奪い合います。ポータルは現実世界のシンボルとなる場所にあります。
例えばモニュメント、公園、特徴的な建造物などがポータルになっていることが多いです。
そしてポータルを自陣のものにして、それ同士をつないで陣地を作ります。
囲碁で言うと、ポータルは碁石を置く場所にあたります。

■ポータルをどうやって自分のものにするの?
陣取りゲームでは自分の陣地を自陣側の物とと示すものが必要ですよね?
囲碁であったら、碁石にあたるもの、それがレゾネータというアイテムです。

■レゾネータってどうやって手に入れるの?
これはポータルをハッキング(HACK)することで集めます。
ハッキングといっても特段悪い意味ではなく、「アクセスする」といった意味合いです。
ポータルをハッキングする(≒アクセスする)事によってアイテムを手に入れる事ができます。
囲碁でいうと碁石を自分で集める様なものです。
オリエンテーリングの様にポータルを歩いて回ります。

■陣地を作ろう
ポータルを自陣のものにした上でポータル同士をつないで初めて自分の陣地ができます。
囲碁だったら、碁石どうしがつながっていけばよいですが、ポータル同士はある程度離れた場所にあります。
ですから、ポータル同士を接続する必要があるのです。
ポータル同士をつなぐのには、ポータルキーというアイテムを使用します
これもポータルをハッキングすると出てくるアイテムです。
そして、陣地(コントロールフィールド)内の人口(これをマインドユニットといいます)の多さを競うゲームです。繁華街をたくさん囲ったほうが有利ということ。

■チームとは?
BG.PNG
チームは青色のレジスタンス(侵略抵抗勢力)緑色のエンライテンド(覚醒誘導勢力)に分かれており、最初に好きな方に所属します。チームによる差はないですが、陣営がはっきり分かれていて、イベントによっては緘口令がしかれる事もあるので、友人などと同じチームに所属することをお勧めします。
また、ゲーム開始後に陣営変更することは基本的にできません。

■相手の陣地を奪おう!
逆にXMPバースターと言う爆弾のようなアイテムを用いて相手のレゾネータを攻撃します。
囲碁なら碁石は囲めばとれますが、このゲームは爆弾で相手のレゾネータを撃滅するのです。
レゾネータを攻撃して、自分のチームの物にしましょう。

■相手に陣地を取り返されたくない!
レベルを上げると、より高レベルのレゾネータを取り扱う事ができます。
高レベルのレゾネータ程、撃破されにくくなっています。
また、自分のレベル以上のレベルを持つアイテムは持っていても使うことが出来ません。
レベルを上げてより強力なアイテムを使いましょう。

おおまかなゲームの流れはここまでです。細かいことはメニューからそれぞれご覧ください。

まとめ
  • 実際に移動してポータルでアイテムを集める→アイテムで敵レゾネーターを破壊→自分のレゾネーターを配置して自陣のポータルにする→ポータル同士をアイテムでリンクして陣地を作る がゲームのおおまかな流れ。

リアル位置情報も扱うオンラインゲームにつきもののIngress注意点も参照のこと。
また、上記注意点に注意しつつ、ぐーぷら(Google+)での派閥ごとの地域ごとの情報交換も活発らしい。(メニューLinkより飛べます)


■ダウンロード
androidの方はplayストアから、iOSの方はAppストアで検索してください。

■ダウンロードしたら


開発情報・・・
このゲームはMap-based Mobile MMORPG、略してMMMMORPG。
メニューLinkにもあるが公式はGoogleの開発チーム。
公式サポートのビギナーガイドは日本語対応しました。
公式ヘルプ日本語バージョンは数が少ないのでまだまだ英語になります…。


コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証




  • 最終更新:2015-06-05 17:13:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード